BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. Commew便り
  4. 検査値のお話:γ-GTP

検査値のお話:γ-GTP

こんにちは、薬学個別指導/薬学オンライン家庭教師・自習スペース・イベントスペース運営の「Commew(コミュー)」です。

今回は検査値の中から「γ-GTP」についてお話させていただきます。

γ-GTPの基準値は以下の通りです。
男性:約50IU/L以下
女性:約30IU/L以下

ではここで問題です。
「γ-GTPの値が基準値を越えるような場合、どのような疾患や状態が考えられるでしょうか?」







正解:肝硬変や肝障害、肝炎、一部の薬剤の摂取、アルコール類の摂取など。

γ-GTPは主に腎臓、膵臓、肝臓などの上皮細胞に含まれる酵素であり、アルコールによる肝臓障害や肝臓・胆道病時に上昇します。
高値の場合は肝硬変・アルコール性肝障害・薬物性肝障害・脂肪肝・慢性肝炎などが疑われます。

特にアルコールの摂取に敏感に反応しますが、お酒を飲まない人でも抗生物質や解熱鎮痛薬、抗てんかん薬、強力精神安定剤、抗うつ薬、ステロイド、漢方薬やサプリなどでも上昇することが知られています。

「沈黙の臓器」と呼ばれる肝臓からのメッセージが、このγ-GTPには込められているわけですね!ふむふむ。

神戸・三宮 自習スペース
神戸・三宮 イベントスペース
薬学部定期試験に向けた基礎学力作り、CBT試験・卒業試験・薬剤師国家試験対策
薬学個別指導/薬学オンライン家庭教師「Commew(コミュー)」
 
TEL 078-241-7000 (受付時間 火曜除く、10:00~19:00)
https://commew.shuyusha.co.jp/

関連記事