BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 薬剤師国家試験関連情報
  4. 第107回薬剤師国家試験における新型コロナウイルス感染症対策について

第107回薬剤師国家試験における新型コロナウイルス感染症対策について

2022年(令和4年)1月8日付で、厚生労働省ホームページにて「令和3年度厚生労働省所管医療関係職種国家試験における新型コロナウイルス感染症対策について」が公表されました。

第107回薬剤師国家試験に係る新型コロナウイルス感染症対策につきましては、以下に示す新型コロナウイルス感染症対策を行ったうえで、国家試験の科目、実施方法及び合格者の決定の方法は変更せずに実施されます。

要約

新型コロナウイルス感染症に罹患し、入院中、宿泊療養中・自宅療養中の受験者は受験を認めない
濃厚接触者であっても、試験当日に無症状である等(※1)の条件を満たせば、別室での受験を認める
・試験場入口(原則施設外)にてサーモグラフィカメラによる検温を実施し、37.5度以上の者は再度接触型体温計により検温し、37.5度以上あった場合は、迅速抗原検査を実施する抗原検査の結果が陽性となった場合は、受験を認めない陰性となった場合は、別室で受験を認める

(※1)以下の条件を満たすこと。
・初期スクリーニング(自治体等によるPCR等検査)の結果、陰性であること
・受験当日も無症状であること
・公共の交通機関を利用せず、かつ、人が密集する場所を避けて試験場に行くこと
・終日、別室で受験すること

上記は2022年1月8日時点の内容です。新型コロナウイルス感染症を取り巻く環境の変化に応じ、対策の内容追加・変更等する場合には、以下の厚生労働省ページにてお知らせがありますのでご注意ください。
詳しくは厚生労働省ページ「令和3年度厚生労働省所管医療関係職種国家試験における新型コロナウイルス感染症対策について」参照

関連記事