BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. Commew便り
  4. 検査値のお話:ChE

検査値のお話:ChE

こんにちは、薬学個別指導/薬学オンライン家庭教師・自習スペース・イベントスペース運営の「Commew(コミュー)」です。

薬剤師として、患者さんから血液検査の結果について相談されるような場面、誰もが経験したことがあるのではないでしょうか。
そこで、今回は「検査値」のお話をさせていただきます。

健康診断表などでよく見る「ChE(コリンエステラーゼ)」。
基準値は以下の通りです。
男性:234~493 IU/L
女性:200~452 IU/L

さて、ここで問題です。
「このChE(コリンエステラーゼ)の検査値は、主に何の指標になるでしょうか?」







正解:「肝機能」(その他の疾患の指標になることもありますが、主に肝機能の指標となります)

ChEは肝臓のみで作られている酵素です。
そのため、
高値の場合は肝臓に栄養が過剰に存在する脂肪肝、
低値の場合は肝臓が弱っている証拠で、肝硬変や劇症肝炎などが疑われることがあります。

「ChEは肝機能の指標」
是非覚えておいてください。

神戸・三宮 自習スペース
神戸・三宮 イベントスペース
定期試験に向けた基礎学力作り、CBT 試験・卒業試験・薬剤師国家試験対策
薬学個別指導/薬学オンライン家庭教師「Commew(コミュー)」
 
TEL 078-241-7000 (受付時間 火曜除く、10:00~19:00)
https://commew.shuyusha.co.jp/

関連記事