BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. Commew便り
  4. スパイスのお話:唐辛子と山椒

スパイスのお話:唐辛子と山椒

こんにちは、薬学個別指導/薬学オンライン家庭教師、イベントスペース運営の「Commew(コミュー)」です。

寒くなってきたので、お鍋が恋しい季節ですね。
お鍋料理の中でも辛い鍋によく用いられるスパイス「唐辛子と山椒」についてお話させていただきます。

唐辛子にはカプサイシンという成分が含まれています。
これは、脳下垂体を刺激し、様々なホルモン分泌を促進します。
その一つのアドレナリンは、血行促進、全身臓器の活性化を起こし、基礎代謝を亢進します。さらに免疫力向上も期待できます。

また、山椒には、サンショオールという成分が含まれています。
カプサイシン同様に、アドレナリン分泌を促進します。

これらの相乗効果が生理的に良いとされています。

でも辛いものが苦手という方もいると思います。
辛いものが苦手な方は、その料理の温度を少し低くしてあげると辛さは和らぎます。

また辛いものは胃粘膜を刺激するため、それを緩和するために牛乳が効果的ということがありますが、
お茶で言うと、カテキンを多く含む緑茶は胃粘膜保護作用があるため、麦茶よりも良いかもしれません。

ラニーニャ現象で寒波が来てますので風邪ひかないように是非唐辛子と山椒入りのお鍋で身体を整えてください!

神戸・三宮 自習スペース
神戸・三宮 イベントスペース
定期試験に向けた基礎学力作り、CBT 試験・卒業試験・薬剤師国家試験対策
薬学個別指導/薬学オンライン家庭教師「Commew(コミュー)」
 
TEL 078-241-7000 (受付時間 火曜除く、10:00~19:00)
https://commew.shuyusha.co.jp/

関連記事