BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. Commew謎解き
  4. 今夜(勝手に)比べてみました!「増粘多糖類のジェランガムと寒天」

今夜(勝手に)比べてみました!「増粘多糖類のジェランガムと寒天」

こんにちは、薬学個別指導/薬学オンライン家庭教師・自習スペース・イベントスペース運営の「Commew(コミュー)」です。

実務実習後の薬学生なら見たことないヒトはいないであろう「チモロールXE」。
XEとは効果が持続するという意味で・・・
涙のナトリウムイオンと反応すると、粘性が上がり・・・
滞留性を持つように工夫されている・・・
なんてことを大学等で習うと思います。

そのポイントは添加剤の増粘多糖類の「ジェランガム」でした。
ざっくりお伝えすると、分子量の大きい多糖類を使ってドロッとさせています。

ゼリーにも入っていますし、あんみつに入っている「寒天」のイメージです。
寒天は、海藻から得られた多糖類です。
ジェランガムは、微生物から得られた多糖類です。
(あ、ちなみに、ゼラチンは動物性の多糖類です)

では寒天が点眼剤に使われることはあるのか!?
・・・これは、ちょっと難しそうです。
寒天は、常温で固体で、プルプルの美味しい塊になっていますよね。
あれが目薬だと困ります。
固まって出てこなくなってしまいます。

ジェランガムは、耐熱性、耐酸性、ナトリウムイオンとの反応などが長けているため、
ゼリーだけでなく点眼剤の添加物にも使われるということですね。

他にもメチルセルロースを使用している点眼剤も有名です。
ピンとこなかった方は、実習先の薬局等で是非調べてみてください!

色んな分野で幅広い仕事をしてくれる増粘多糖類に感謝しながら、美味しいあんみつを今日は食べようと思います。
明日も粘り強く頑張りましょう!

関連記事