BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. Commew便り
  4. 物理化学のお話:ラーメンと表面張力

物理化学のお話:ラーメンと表面張力

こんにちは、薬学個別指導/薬学オンライン家庭教師・自習スペース・イベントスペース運営の「Commew(コミュー)」です。

ラーメンは子供から大人まで愛される食品で、みなさんよく食べると思います。
せっかく頻度高く食べているならば、同時にお勉強しませんか?笑

そこで、物理化学「ラーメンと表面張力」のお話です。

問題です。
ラーメンに用いられる麺のうち、「ちぢれ麺」と「ストレート麺」ではどちらが、スープによく絡むでしょうか?







正解は「ストレート麺」です!
これを説明するのに「表面張力」という現象があります。


表面張力は、花が水を吸い上げることなどに関係するものです。
液体は、細いトンネルや隙間に入り込もうとする性質があります。粘度の低いサラサラの液体であればあるほどこの性質は強くなり、トンネルや隙間が狭ければ狭いほどこの性質が強くなります。
そのため、ストレート麺は麺と麺の隙間が少なく、よりスープが吸い上げられやすくなります。

ラーメンを食べる際には、是非この事象のアウトプットを忘れずに!

神戸・三宮 自習スペース
神戸・三宮 イベントスペース
薬学部定期試験に向けた基礎学力作り、CBT試験・卒業試験・薬剤師国家試験対策
薬学個別指導/薬学オンライン家庭教師「Commew(コミュー)」
 
TEL 078-241-7000 (受付時間 火曜除く、10:00~19:00)
https://commew.shuyusha.co.jp/

関連記事